ウエディングプランナーの休日

ウエディングプランナーは、常に忙しいため、「休みがとりにくい」というイメージがあります。実際、結婚式はたいてい土日に行われますし、顧客との打ち合わせなどの業務もたくさんあるので、休んでいるというイメージが湧きにくかったりします。

しかし、たいていのウエディングプランナーは、「月に8日休み」というシフト制で働いています。上述したように、土日や祝日は式当日になることが多いので、シフト制の勤務体系が基本となります。また、「年末年始の休暇」「夏期休暇」「慶弔休暇」「有給休暇」も基本的にとることができます。とはいえ、経験が少ない場合は、休日でも出勤して書類作りやプランの練り直しを行う人も少なくありません。

また、顧客の都合上、衣装合わせが自分の休みの日と重なってしまった場合は、出勤せざるをえなくなります。やはり、結婚式をプロデュースするという仕事上、顧客の都合を優先しなくてはならないので、「決まった日に休みたい」という人だと難しいといえます。

休日