ウエディングプランナーとしてまずはよくヒアリングすることが大事

ブーケ

ウエディングプランナーとして新郎新婦のために最高の結婚式をプレゼントしたいという思いがあるならば、打ち合わせ時にはしっかりとヒアリングを行いましょう。

提案したいアイディアがあったり、結婚式を行う上で新郎新婦が知っておいた方が良い情報というのは、後からいくらでも伝えることが出来ます。それよりもまずは結婚式を挙げる張本人である新郎新婦の意見をよく聞き、どのような結婚式にしたいと考えているのかについての互いのイメージの共有を重要視しましょう。

ウエディングプランナーとして助言をしたりするのは、それからでも遅くはありません。

意見や希望要望をよくよくヒアリングすることで、依頼者である新郎新婦の考えにより密着した最適な提案が出来るようになりますし、互いの信頼関係も深まります。

このヒアリング時に気を付けたい事としては、新郎新婦二人の意見を平等に同じだけ聞くよう心掛けるというものが挙げられます。ついつい新婦の意見に傾いてしまいがちですが、結婚式は愛し合う二人で行うもの。新郎の意見も同じだけ取り入れられるよう努めましょう。